講師紹介

山本 アキ子 ─ Akiko Yamamoto─

私のピアノストーリー

講師写真

私は5歳、幼稚園の年長からピアノを始めました。

年長の時に、バレエとピアノを同時に始めて、小学校に上がる時に母親に「小学校からはお勉強も忙しくなるから、バレエとピアノどちらかにしようね」と言われ、選んだのがピアノ。

その後、小学校1年の時から習った先生が綺麗で優しい女の先生で、その先生に褒めてもらいたくて、練習も苦にならず、楽しくレッスンに通いました。

小学校4年生からはソルフェージュをグループレッスンで習い始め、授業で今までやったことがなかった聴音や色々な楽器を使ったアンサンブルを沢山経験させていただいたことによって、それまで勘にたよって弾いていたのが、耳と脳が鍛えられ、相乗効果でソロのピアノもどんどん難しい曲が弾けるようになりました。

ちょうどその頃、エレクトーンを短期レッスンで何回か習った時に教わった先生が、これまた素敵な女の先生で、私も大人になったら、ピアノの先生かエレクトーンの先生になりたいなと思ったのが、今の私の原点ですね。

その後、母親に音楽系の学校に進むことを勧められ、音高を受験、音大へと進みました。
大学卒業後は、今までずっと音楽ばかりやってきたので、これを機会に社会経験を積みたいと考え、会社員を数年経験し、その後小さい頃からの夢だったピアノ教室を立ち上げて、今に至ります。

今まで、本格的にピアノを教え始めて、10数年経ちましたが、本当に色々な生徒さんに出会ってきました。最初の頃はチラシをまいてもお問い合わせはほとんど来なくて、でも気長に待とうと決意し、仕事を掛け持ちしながら働いていました。初めてお教室に問い合わせをしてきてくれて、教えることになった生徒さんとの出会いは今でも鮮明に覚えています。その後、うれしいことも痛い目にあったことも沢山ありましたが、それがきっかけで色々な勉強会に参加するようになったり、人との出会いであったり、全ての経験が血となり肉となっているのだと実感しています。

今はお教室もだいぶ賑やかになり、ピアノ大好きな生徒さんが沢山育ってくれて、大変なこともあるけれど、生徒さんに囲まれて、とってもやりがいがあるお仕事がこうして出来ていることに感謝しています。

講師写真

プロフィール

国立音楽大学付属音楽高等学校を経て、国立音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業

2017年東京都保育士試験 合格

Music Key導入指導マスター、ディプロマ講座修了

バスティンパーフェクトセミナー全課程修了

NPO法人日本こども教育センターリトミック認定講師

音楽検定2級(洋楽系取得)

全日本ピアノ指導者協会指導者会員、カワイ音楽研究会会員、ヤマハPEN会員